Webライターの仕事がつまらないのか、執筆ジャンルがつまらないのか、それとも稼げていないだけなのか

私も過去に「Webライターってつまらない仕事だな」と考えて仕事から離れた時期があります。

Webライターをやめた後は、人恋しくなり接客業を中心に仕事をしました。接客業、もう楽しくて仕方がありませんでした。こちらがサービスを提供すれば、その場でお客さんのリアクションが見れる。“ありがとうございます”や“また来ます”と伝えてくれる。「このリアルな感じ、Web ライターでは経験できない感覚だ」と思いましたね。お客さんから感謝され、人脈が広がり、新しい世界が見えるのは素晴らしいことでした。しかし、人は慣れてしまうのです。「あれ、つまらなくなってきた?」と思うようになりました。

 私は思うんですよ。「つまらない」という感覚は見極める必要があるんだな、と。

「Webライターなんてつまらない仕事だ」と考えてしまう原因はなんなのか?

  • Webライターという仕事そのものがつまらないのか?
  • 執筆している記事ジャンルがつまらないのか?
  • ひとりで在宅で働くのがつまらないのか?

ざっと考えても、このように様々な原因があるでしょう。「Webライターという仕事そのものがつまらないんだ!」という人はやめて他の仕事を探すしかない。しかし、「今書いている記事ジャンルがつまらないからWebライターやめたい!」という人はまだ可能性が残っていますね。自分が興味のある記事ジャンルもしくは開拓したい記事ジャンルを狙うべき。「在宅でひとりで働くのはつまらない」なら、コーワキングスペースもしくはWebライティング事業を行う会社で働くのも手ですね。

でも、結局ほとんどのWebライターが「こんな仕事つまらねぇ!」と言うのは「興味のない記事ジャンルを書いて、かつ全然稼げていないから」なんだと思うんです。好きでもない、自分にとってどうでも良い記事を安い単価で3,000文字も書くなんて苦痛でしかないんですよね。好きでもないから当然知らない。しんどい。リサーチに時間がかかる。しんどい。文字単価も安い。しんどい。執筆進まない。しんどい。やめて当たり前ですね。

そもそも興味がまったく沸かない案件には手を出すべきではありません。なぜなら、私たちWebライターの仕事の価値は「情報の質と直結しているから」です。常に情報をアップデートしていかなければ、Webライターとして価値が生まれませんし、文字単価は上がりません。だから、自分が関心のある分野で戦うべきなんですよ。作業時間外でも、リサーチしたいと思えるジャンル。「自分の関心とは少しズレるけど、まぁ少し似てる」と思えるものでもいいんですね。

もし、自分の関心が少しでも持てる記事ジャンルがない場合は?

そんな時のアドバイスは「もっと外の世界に意識を向けて好奇心を育てること」です。Webライティングどうこうよりも、単純にもっと知識をインプットしましょう。「世界で何が起こっているのか?」を知りましょう。新聞でも、ネットでも、読書でも、メルマガでも、SNSでもなんでもいいです。とりあえず多くの情報に触れましょう。たくさんの情報を浴びることは結果的にWebライティングという領域を超えて、人生に色々なチャンスを与えてくれますから。

 

Webライターなんてつまらないと感じる人はその気持ちの奥にある原因を考えてみてくださいね。